2017年1月19日木曜日

2016年ダイエット開始 1月3日 84kg 4ヶ月前70kgの動画と比較





今朝、久々 体重測ったら 79.7kg

最近、食欲が落ち着いてます。



私の場合は、ダイエットは心の問題です。



何事も興奮せず、粛々と日常生活をおくれれば、自然と食生活は安定していくと思います。











<今週の目標>



非思量





慢とは、他人との比較によって自分を維持しようとする煩悩中の煩悩。



慢が強い人は疲れます。



自分自身、慢が起こった時は、ストレスを感じてる証拠だと思い気をつけたいものです。





慢が強い人を見て、心揺れる時も、自分の心を観察したいものです。



無念無想



何事にも動じないことを理想とするなら、他人の慢に心揺れることは敗北と考えるべきでしょう。





慢を生み出すのも、考え=思量。





自分を含めて人間は、いろんなことを考えるものです。





多くの場合、一生懸命考えてることは、視点を変えれば、まったく頓珍漢なことが多いものです。





思量を放下することを目標とする思想とは凄いものです。





ウダウダ言ってる自分を感じたら、放下着でいきたいものです。



ウダウダ言ってる人が気になったら、非思量を思い出しましょう。





「それはよかったですね」

「たいへんですね」

「凄いですね」



必要な言葉は、この3つだけ。



批判や自分の意見を語ることは、心して少なくしていきたいものです。




2017年1月18日水曜日

筋トレは第一次生理的欲求です 筋肉は生活必需品





youtube動画も1000本越えた。

いろんな動画をアップしていきたいものです。



今週、新しいマシーンが入るので楽しみであり、ちょっとナーバスになっています。

無事是貴人。

心揺れない生活を送りたいものです。



それが筋肉には一番大事なことですね。









<今週の目標>



非思量





ウダウダ考え始めたら、我が膨らんでるサインと考えるのが良いでしょう。







<読書>

「迷ったときは、前に出ろ!」 星野仙一



奇しくも、この本を読んだ後、星野さん、野球殿堂入り決定。

この本は、阪神監督一年目に書かれいます。



プロ野球の組織は、やくざのそれに似ている。

親父が白といえば白の世界。



なんてことが書かれてました。



鉄拳制裁が許される、最後の監督さんかもしれませんね。















「禅語遊心」  玄侑 宗久


ためになる言葉オンパレードでした。


「ああしてやった、

こうしてやった 
やったやったで地獄行き」


これなんか最高ですね。


子供は3歳まの可愛さで十分親には与えつくしている


みたいなことを読んだ記憶があります。


子供に代表されるように、何事も自分の所有物だと思うことが地獄の始まりなのかもしれません。





「がははと笑いながら上機嫌に人助けをする。それが禅のいきつくところかもしれない」

布袋和尚の笑いに言葉は要らないわけですね。


柳は緑 花は紅


「あんたも変わった人じゃな」と笑い飛ばすのが、この言葉の意味と考える発想がいいですね。


花をさかせるのも良し、緑にそまるのも良し。


自分の価値観=我に執着することが恥ずかしいと思えれば、ウダウダ、イライラはなくなるかもね。





2017年1月17日火曜日

新しいプレート 筋トレ・マニアに喜んでもらってます







ラバープレートは最高です。

とても使いやすくなりました。



今週 2トンのプレート入荷します。

必要な方はご連絡ください。



もう700kgくらいは予約受けてます。



とてもお買い得です。











<今週の目標>



非思量







「修業とは、考えなくする作業である」



そんなことが、禅の本に書いてありました。





考えながら筋トレしてるうちは駄目ですね。



目指すは、莫妄想。



妄想を捨て去り

捨て去っていることも忘れて生活していきたいものです。




一期一会とは、以前会った人でも、昔の先入観を捨て、新たな気持ちで接すること。



諸行無常を絶対的に信じるとすれば、嫌だと思った相手も別の人間になってることを疑ってはいけません。

嫌だと思った相手は、そこにはいない。
そこにあるのは、嫌だと思った自分の心のみ。

過去に執着することなく、刹那を放下して生活できれば勝ちですね。

自分に負けるということは、過去に執着して、今を生きれないことかもしれません。




莫妄想 妄想=思考を捨て去れ

喫茶去  ウダウダいわず、まあお茶でもどうそ

非思量 思考しない





3つとも同じような意味だと思います。



今週は、単純に思考は馬鹿がやるものだという非思量を意識して生活したいと思っています。



下手な考え休むに似たり。



思量が膨らんでるな人は、それ自体、地獄だと感じます。



考えることが良いこと、賢いことだと考える愚かな癖を改めることが、非思量。





非思量で、済みになる事柄は、とても多いように思います。




2017年1月16日月曜日

アジャストベンチ&EZバー 販売します 来週Tバー入ります





今週、ニューマシーン入ります。

楽しみです。







<今週の目標>



非思量





刹那を放下していくのが禅





そんなことが本に書いてありました。





瞬間、瞬間に執着しようとも執着できないのが当たり前。



しかし、人は過ぎ去った過去に執着しやすいものです。

ついつい執着してしまう原因は、その人がストレスに弱いことの証明かもしれません。

ウダウダ、イライラから開放される最善の方法が刹那を放下すること。

そんなことに拘ってるのね・・・なんて他人を見て驚くことがあります。

でも、自分自身のこだわりも、俯瞰してみれば、くだらなすぎる執着である場合が多いものです。



自分自身を振り返り、刹那を放下できてない時は、注意が必要です。





エラーをしてもホームランを打っても、引きずらないプロ選手に憧れます。





ウダウダ言ってる自分を観察できたら、放下着。



非思量を基本に、刹那に集中して生活していければ最高です。





筋トレは、刹那に集中する練習。



今週も頑張っていきましょう。

2017年1月15日日曜日

賀正 2017年1月2日のLBGYM





正月に筋トレできるって恵まれてますね。





<今週の目標>



非思量



考えを捨てるということです。







学校では考えることは良いことだと教えられます。

その言いつけを考えなく守って、四六時中考えてる人がいるのは不幸なことです。



めんどくい人を観察すれば、我の赴くまま、考えてます。



自分の考えが、さも正しいように語る人さえいるのが面白いところです。







そういう人を見れば、考えることがいかに有害か分るものです。





不幸って、どこかに落ちてるものではなく、すべて自分が考えてつくりだすものなんでしょう。



思量の大小によって、自分と他人を観察し、上手に生活していきたいものです。

思量が大きい人は要注意。

思量が自分の中で大きくなった時は、ストレスを観察して対処していきたいものです。





被害妄想なんていうのは、思量が膨らみすぎてる状態なんでしょう。





そういうことを考えれば、非思量を実践できてる人は、魅力的だと分かります。







非思量=考えなくする練習が、筋トレに集中することだと、最近は考えています。



筋トレにすら集中することが難しいのだから、日常の何気ない生活に集中することは、さらに難しいと実感できます。







めんどくさい人を見てめんどくさいと考えることが、集中してない証拠。





自分の子供のウ*コを汚いと過剰反応してる親はいないでしょうからね。



子育てになりきっていたら、う*この汚さは流せるものでしょう。











今週の目標ー非思量





無駄な考えが沸いてきたら放下する練習をやる1週間にしたいと思っています。
















2017年1月14日土曜日

効かせるトレーニングセミナー No64 バーベルではなく筋肉を動かす







年の初めに筋トレ頑張りたいという人も多いものです。

いろんなことを頑張れることは良いことです。

その中でも、筋トレ頑張るってことは、かなり上位にくる良いことだと思います。



筋トレできる肉体的、精神的、経済的余裕がある。

これ以上、贅沢なことって、そんなに多くないでしょう。







<今週の目標>

自分のコントロールできることに集中する



今週一週間、こんな目標をかかげて生活してきました。

そこで気づいたこと。







自分がコントロールできることは









少ない











ダイエットやろうと思えば

自分の体重さえコントロールできないと分かります。





コントロールできることは、体重ではなく食事。



食事をコントロールするためには



知識と心の安定が必要だと分かります。



すなわち、



コントロールすべきことは









ってことになります。





「疲労というのは、肉体から来るものではなく自律神経の疲れだ」





そんなことが雑誌に書いてありました。





こういう意見からすれば



コントロールすべきは、心=自律神経ってことになるのでしょう。





ウダウダ、イライラが多くなる時って、自律神経が制御不能直前に陥ってるときなのかもしれません。



ウダウダいうことによって、かろうじて自律神経の乱れを制御してる。



そう考えれば



自分がイライラした時は危険な兆候だと分かります。

さらに、人がウダウダいってるのも受け流しやすくなります。





筋トレ継続のためにも、心のコントロールは大事です。





そのためにも、自分がコントロールできることとできないことを明確にしていきたいものです。





最も自分がコントロールできないのが他人の心と今日の天気。



自分がコントロールできる最も分かりやすい例が、物事の受け止め方と呼吸と筋トレをやること。





筋トレやって効果がでるかでないかを完全にコントロールすることはできません。



でも、筋トレやるかやらないかは、完全に自分がコントロールできること。





時がくれば、すべての人が確実に死ぬのだから、筋トレやってもやらなくても大きな違いはありません。





だからこそ





今日が最後の筋トレのつもりで集中して、節制を常として生活していきたいものです。





物事をどう考えるかは、自分でコントロールできることですからね。




2017年1月12日木曜日

効かせるトレーニング実践偏 74、ケーブルクロス いろいろ変化させる





youtube更新頻度が減ってます。

人生いろんなことがおこります。




良い出来事も悪い出来事も、俯瞰してみれば貴重な経験です。



良いと思えることがもいことになる可能性もあれば

悪いと思えることも良いことになる可能性もある。



すなわち

出来事に良い悪いを決めるのは、人間の愚かさ。

日常の出来事に一喜一憂するのは、心してやめていきたいものです。





日々是好日



すべての出来事が好日の構成要素であるわけです。









<今週の目標>

自分がコントロールできることに集中する





人のタイプを上記の観点から見てみる



1、自分がコントロールできることに最善をつくす癖がある人

しかも、自分がコントロールできないことは、自然と流していける人。

幼児教育の成功例でしょう



2、自分がコントロールできることを頑張る人。

でも、時々、コントロールできないことも頑張ってしまう人。

好感は持てますが、疲れないかが心配です。





3、自分がコントロールできることを頑張ろうとはするが100%集中できない人。

コントロールできないことに意識がもっていかれてるのが原因かもしれません。

普通の人って、ここですよね。





4、自分がコントロールできることを、言い訳ばかりしてやろうとしない人。

こういう人は、コントロールできないことにすら文句を言う傾向があります。



5、自分がコントロールできることも自分がコントロールできないこともやろうとしない人。

社会に迷惑をかけなければ、達観した人と言われるかもしれません。





こうやって考えてみるに・・



自分がコントロールできることとできないことを自然と区別できてる人は魅力的です。



それができないと、コントロールできないことが気になってウダウダ言ってしまう迷惑な人になってしまいそうです。





劣等感やストレスなんていうのも、コントロールできないことにこだわった結果の産物でしょう。







週末は寒くなりそうです。

そこは、どうにもコントロールできないから、寒さを観察して楽しむことを心がけたいものです。