2016年12月8日木曜日

ラバープレートの優れてる点







今朝の体重 77.6kg



久々、77kg台に戻った。



食事=心が安定してきたんでしょう。



昨日は昼、菓子パン食べてしまった。



糖質は麻薬と割り切って、心を安定させるために食べるのも手かもしれませn。



チョコレートダイエットは、その理屈です。



チョコーレートで太るわけではなく、食べ過ぎて太るということが理解できれば、ダイエットは楽になります。





<今週の目標>



比較を捨てる





このブログもストレスマネジメントには役立ってます。







文章を書くのは、精神衛生上、良いことだと思います。



ブログを書き始めたのが、消費税が5%に上がった時だから、かなりに昔になります。





最初の頃は、批判が多かったように思います。



毒舌ってやつですね。



物事の批判は、自分が正しいことを考えてるという快感を生むんでしょう。











毒舌といえば、昔、ビート武さん、今、トランプさん。



有名人の毒舌は炎上という危険も伴うから、かなりの計算が必要でしょう。





トランプさんなんか、アメリカのサイレントマジョリテイが言えないことを、堂々と言ってるとこが票を集めたと言われています。





本当のことでも、言ってはいけないこともある。



間違ったことでも、時代に合っていれば賞賛されることもある。





言葉って、それくらいのものですよね。





だからこそ、大げさに語るってのは、多くの場合、人に受け入れられることが少ないのでしょう。





日本には、全部は言わない美学があります。





論破などという言葉は、西洋では能力、日本では品のなさの意味があると思えます。











「その人嫌だな~」という感情も、自分の経験から生まれた比較によって存在します。



その比較基準が変われば、嫌な人も嫌でなくなるもの。





そこを知れば、自分の感情に執着することに得はありません。





自分の経験から感情が生まれる



自分の感情から、それを正当化する論理が生まれる



自分の論理から、それを表現する言葉が生まれる



自分の言葉から、相手の反応が生まれる



相手の反応から、自分の感情が生まれる









悪感情の場合、このサイクルをどこかで断ち切らないと、自分にとって不幸な状態です。









「嫌な人がいたから、相手を論破してやったぞ」なんていうのは、最高に間抜けな感情なわけです。





「言ってすきりした」なんていうのも、便秘の人が排便で喜ぶようなもの。





それはよかったですね・・・と、受け流すしかない雰囲気を作り出すだけです。







和顔愛語



言葉というのは相手を批判するためではなく、相手を喜ばすためにあるもの





そういう生き方のためにも、比較を捨てて、穏やかな気持ちで生活したいものです。





これは、できてる人には簡単で、できない人には、かなりの難題。





筋トレ継続できる人には、筋トレは楽しみ。

筋トレ継続できない人には、筋トレは頑張る行為。





和顔愛語が、楽しみになるのが良いですね。




















2016年12月7日水曜日

ラバープレートの優れてる点





新入荷ラバープレート好評です。









今朝の体重

78.7kg



減ったぞ。





お菓子を、さほど食べたくなくなってきた。

この辺は、心の問題でしょうね。







<今週の目標>



比較を捨てる





ボデイビル競技に行くと、煩悩を感じることが以前からありました。



その原因のひとつが「比較審査」にあるんじゃないかと思うようになりました。







すべてのスポーツ競技、相手との相対評価によって決定します。



その中でも、ボデイビル競技は、その名の通り比較審査なるものがあります。



他人との比較によって、自分の価値を決定される。



そこに必死になりすぎると、煩悩が生まれるのは必然でしょう。



自分のことしか話さなくなる人。



他人のことをけなす人。



自分がやってきたことを大げさに語る人。



など、一般社会では嫌われるパターンに陥りやすくなります。



さらに、ボデイビルをやっている自分は努力してるから偉いという姿勢=正義が根本にあるのがやっかいです。



元々、我が強い人が筋トレにかぶれると、煩悩大爆発状態になりやすくなるのは当然でしょう。




最近は、筋トレ人口も増え、煩悩とは無縁の愛好者も増えてきたのは喜ばしいことです。







ボデイビル競技に参加する意義は、煩悩を意識して、それを流していく作業考えると、さらに、人生に役立つようになると思います。





終わったことは終わったこと。

来年は来年のこと。



今だけに集中して、筋トレをやる。



そこに他の感情が入り込む余地がない状態を目指したいものです。





何もしない座禅という状態で、雑念を捨てるのが困難であるがために、修行になります。



それには及ばないまでも、煩悩に溺れやすいボデイビル競技で、我を捨てることができれば進歩といっていいのかもしれません。







私が筋トレで好きな言葉



「筋力トレーニングを継続できれば、自己評価が高まる」





これはいえます。



筋トレ継続が、自分の自信になることは間違いないことです。





でも、その自己評価の高さが暴走すると悲劇です。





くだらない自己顕示欲。



その自己顕示欲が満たされない場合の、愚痴や怒り。







本当の自己評価の高さは、心の安定を伴うもの。





比較によってしか、自分の価値を確認できないのは不幸です。





しっかりした自分を創る作業が、比較を捨てる発想だと思います。















最後に禅語をひとつ。









無分別









普通には無分別とは、分別がない悪い意味で使われます。



しかし、禅語では、比較を捨てて、物事をそのまま見るという意味なのです。







昔、王様が一本の線を書き、「この線を短くしてみろ」と家臣に命令。



ほとんどの家臣が、あれやこれやと薀蓄を語る中、



一人の家臣が現れ、王様が引いた線の横に、それより長い線を書いて、一言も語らず席に戻った。





カッコ良すぎでしょ。





禅語って、クールなんですよね。





無分別





自分と他人を比較したり



誰かと誰かを比較したり



そういうくだらない分別を捨て去る努力こそ肝心です。









今週の目標



比較を捨てる





無分別の境地は、筋肉つけるより遥かに難しいからこそ、意識して改善していきたいものです。


















2016年12月6日火曜日

固定ダンベル&フラットベンチ 販売します





ダンベル600kgも、残りわずかです。

多くの方にご購入いただきありがとうございます。

皆様の筋トレに役にたてば喜びです。





今朝の体重

79.8kg



ジムのマシーンをグレードアップするように、食生活と筋トレの強度も上げていきたいものです。







<今週の目標>



比較を捨てる





この目標も、1週間というよりは一生の目標です。







最近のパラリンピック報道。



障害者の方々のスポーツも、健常者のそれとまったく変わらないという社会的認知を高めるために役にたっているでしょう。



自分の普通という色眼鏡で、人を判断するのは、今の時代、品がないと思われる思考法です。





人は、多くの場合、自分を基準にして普通を決めてしまいます。



特に、ストレスや劣等感が強くなると、自分が決めた普通にしがみつきたくなるものです。



自分の普通を語ることでストレス解消をする。



自分の普通の価値を高めるために、他人の普通を見下げる。



そういう心理状態を、慢と言うのでしょう。





自慢や批判は、ずれてしまっている自分の普通を修正する逃げ道なのかもしれません。





普通を作り出す手っ取り速い方法が比較。



私は普通で、あの人は普通ではない。



もしくは、私は普通の人間じゃなく特別な人間なのよ。



みたいな狂った発想にもいきがちです。





ほっとけば肥満体になるように、人は、努力しなければ、比較や相対という思考法の奴隷になってしまうものなのでしょう。





比較を捨てるもっとも有益な方法が、今に集中すること。



全力で走っているときは、人と自分の比較なんか消えてしまってます。



すべてを出し尽くして戦ったスポーツ選手が、お互いの健闘をたたえる瞬間には、勝ちや負けという相対も消えているように感じます。







集中して生活できれば、比較はなくなる。



どよんだ水のような生活をしてたら、ウダウダ病が出てくる。





今に集中できてるかどうかの基準が、比較する心の大小で測れるような気がします。





相対や比較を捨て去るという禅の思想は、よくできた幸福論だと感じます。





今週も、今に集中していきましょう。












2016年12月5日月曜日

運動部のための筋トレ No1、まず集中できる環境づくり





運動部の学生さんはやる気があるからいいですね。

そのやる気を無駄遣いしない方法が効かせるトレーニングです。



今朝の体重

78.9kg



私のやる気も無駄遣いしないように食事に気を使うのだ。





<今週の目標>



比較を捨てる





日曜は車で往復2時間というパターンが続いています。



車に乗ると、イライラすることに気づきました。



まず、時間が無駄。

さらに、地球を汚し、資源の無駄遣い。



そんな考えても意味がないことを考えて、イライラが増幅されます。



自分の考えと現実の比較、相対がイライラ=怒り=悩みを生みだすのでしょう。







それを解消するためには、自分の思考=妄想を捨てて、運転になりきること。



これが禅ですね。







物事が上手くいかないと、イライラくるのも、上手くいく状態と現実との比較。

物事が上手くいくと、もっと上手くいくことを望んでイライラくるのも、我と現実の相対。



そもそも、上手くいくも、上手くいかないも、自分が勝手にきめた妄想。





自分が正しいという思い込みがイライラを生むことは間違いないことでしょう。



運転中は、さすがに自分の運転が正しいと思わないと運転できないから、イライラくる場合が多いのかもしれません。





自分が正しいと思わないのは自信がないというネガテイブの意味に考えがちです。



そうではなく、正しさというのは状況によって変わるということを忘れないために、自分の正義に執着しないことが肝心です。



滑稽なのは、自分の正義を声高々に歌うこと。



自慢の慢



妬み



怒り



批判



これらの悪感情が強い人は、自分の正義に執着しなければいけないほど、心が弱ってる人なのかもしれません。



自己承認欲求が満たされないため、我を肥大化させて、それを満たそうとする。





そうならないためにも、自分の感情を観察=ラベリングして、心揺れたら、腹式呼吸でもやってニュートラルに戻していきたいものです。



今週の目標ー比較を捨てるとは、今に集中すること。



その方法のひとつが、LBGYMの筋トレかもしれません。








2016年12月4日日曜日

新品ラバープレート販売します 500kg





最近、器具の入れ替えで筋肉痛です。



ラバープレートは使いやすく、メンバーさんにも好評です。

500kgほど余分にありますんでお譲りします。

ほしい方はメールください。

lbgmjp@gmail.com





今朝の体重

79.2kg



野菜をたくさん食べる

ダイエットのコツは、ここにある。











<今週の目標>



比較を捨てる





新しい週が始まりました。

あっという間に1週間は終わるから、目標を決めて生活するようにしました。





今週の目標は、相対の思考法を捨てること。





禅の思想ですね。







西洋の合理主義は、比較、相対で考えることを論理的思考として推奨してます。



弁証法なんか、テーゼとアンチテーゼの比較によって、論を進めていく方法ですね。





ところが、日本人の心にある禅の思想は、相対の放棄。



テーゼもアンチテーゼも正しくもあり間違いでもある。



もっといけば、テーゼもアンチテーゼもないと見る。











私が正しくて、あの人は正しくないという思考法が、我の基本。



西洋では、自分をしっかり持つ我を善とみて、禅の思想では、それを煩悩と見る。







イライラしてる人を見てると、自分が正しいと思っている人がほとんどです。



でも、その自己肯定は、劣等感やストレスから出た妄想である場合が多いもの。









私は、筋トレを実践することは正しいことだと思っていますが、それを人に強制するのは我の暴走。



酒を飲むのも良し、暴飲暴食も良し。



しかし、自分は、それを選択しないだけ。







「あの人、嫌い」と心揺れる人は不幸です。



好き、嫌いの感情も、比較や相対から生まれる妄想。







咲く桜



散る桜も



咲く桜







一般的に、忌み嫌われる死さえも厭わない無の境地。





死を嫌うのも、生との相対から生まれる妄想と見るのが禅。



まあ、死を忌み嫌わなければ、社会が成り立たない時代の方が多いわけですから、便宜上、命は地球より大事みたいな発想がでてくるんでしょう。







凡人は、比較を捨てると虚無的になり自堕落な生活をしてしまうものです。



ところが、禅は、比較を捨てて、今に集中しましょうとすることが凄いとこです。





自分は、正しくも間違いでもないけれど、今に集中。





過去と未来との相対も捨てて、今に生きる。









相対の中で、最も無駄なことが、「あの時、こうしとけば、良かったのに・・」と考えてしまう比較。





そういう癖があれば、改善していくことに全力をつくすことです。







筋トレを始めて、調子が良くなって喜ばれる方は多いものです。



その時、こういわれる方は、経験上、筋トレが継続できない人が多いと実感しています。



「もうちょっと前から、やっていれば良かった・・・」



 

その言葉を聞いたとき、私は、心の中で、「この人、継続は難しいけど、頑張ってほしいな~」と思います。



もうちょっと若いときから、筋トレやっていても、結果は大きく変わりません。



途中で飽きてやめてしまったり、惰性で筋トレ続ける人が、私を含めてほとんどです。



それよりも何よりも、時間は戻せないわけだから、小さなことでも、過去を悔やむ癖は、人生にブレーキをかけるだけです。





今週の目標、比較を捨てるというのは、そういう意味も含みます。







比較を捨てることは、超難しいことです。



だからこそ根性入れないといけません。





ダイエットも難しく



筋肉つけることは、もっと難しく



比較を捨てることは、それ以上に難しいことだと感じます。






2016年12月3日土曜日

新しいプレート 筋トレ・マニアに喜んでもらってます







50mm 3グリップラバープレート 500kgお譲りします。

興味がある方はご連絡ください。



ものはいいです。

メンバーの方に喜んでいただきよかったです。





今朝の体重

79.8kg



お菓子はやめれた。

ちょっと前進。





<今週の目標>



イライラしない。





毎朝、体重を測るのと同じに、「今日は、イライラしなかったかか?」と、この一週間自問自答。



そしたら



なぜか



今週は、良いことが多かったです。





なぜなんだろう?



と考えて、分かりました。





イライラしないこと、それ自体が良いことなんでね。





イライラすることは不幸なこと。





それが分かれば、改善するのみ。





暴飲暴食が良いか、悪いか?



その答えを考え、



いいことだと思えば、毎日、食べましょう。





それが恥ずかしいことだと思えば、根性入れて改善していきたいものです。





カラダを変えようと思っても、なかなか変わらない。





でも、カラダを鍛える発想がなければ、カラダは悪くなる一方です。







イライラに代表される、悪感情も同じことですね。



カラダもリカバリーショットが打てるうちに、筋トレ始めた方がいいと常日頃思っています。



心のコントロールも思い立ったが吉日。



まずは、イライラきたら、その感情をラベリングして、流していくようにしたいものです。









週の終わりの土曜日は、寒さの中、日光がさす良い天気です。



筋トレしないのが理解できないように、イライラという感情が理解できない人が理想です。






2016年12月2日金曜日

ダンベルの梱包 欲しい人いませんか?







古いダンベル、あと少し残ってます。

ダンベルが入れ替わって、気分一新。



今日がスタートという気持ちでいきたいものです。



今朝の体重

79.8kg



お菓子はやめれたんだけど減ってないね。

12月中に77kgくらいにはしたいものだ。



体重より、食事の安定ですね。







<今週の目標>



イライラしない





今日は、もう金曜日。

今週も終わりです。



今週の目標はイライラしないことでした。

目標達成できたかと言われれば微妙です。



今週、イライラしたことを思い出してみれば・・・・。



・・・・。



忘れてますね。



結局、どうでもいいことで、心が揺れてイラっときてしまうだけなんでしょう。





どうでもいいことなら、イライラしない方が得。



イライラすることによって何も解決しない。



解決の糸口を見つけることを放棄したサインがイライラなのかもしれません。



それは、まさに、ダイエット中、ついつい馬鹿食いしてしまうのと同じこと。





馬鹿食いは、ダイエットの放棄なのは分かりやすいこと。



イライラもそれと同じで、袋小路に入ってしまった思考の発露と考えるのがいいでしょう。







感情で、物事を見ないで、事実をそのまま受け止めて対処していける人に憧れます。



事実は変わらないけど、その受け止め方は本人の自由。



渋滞に巻き込まれて、イライラしても渋滞という事実は変えようがないこと。



それならば、渋滞を利用して瞑想でもやっておくのが良いでしょう。





今週、イライラを考えて、私の周りには、イライラ病の人は少ないと分かりました。





穏やかが一番。



穏やかな日々を送れるよう努力していきたいものです。





そのひとつの方法が、食事を含む効かせるトレーニング。





呼吸を合わせ、ただ無心に筋肉を動かしてると心落ち着くということを再確認。



鍛えるべきは心。





心のイライラは、体型にでてしまう場合もあります。





筋トレを自分を鍛える作業だと考えれば、心くらいはコントロールしておきたいものです。